マネジメントとは?

研究紹介
担当講義
経歴
所属学会
研究業績
連絡先
リンク
私の考えるマネジメントとは?

研究紹介

高次モーメントを考慮に入れた新しいパフォーマンス評価手法の開発(科研費:基盤(C)単独;研究代表者)、ヘッジファンド、年金資産運用、信用リスク等

担当講義

マクロ経済学、金融論、ファイナンス、金融工学等

経歴

外資系金融機関等を経てカリフォルニア大学バークレー校経営大学院、スタンフォード大学経営大学院及びマサチューセッツ工科大学経済学部の客員研究員を歴任後、現在は高知工科大学マネジメント学部教授。 東北大学博士(経営学)、ハーバード大学経営大学院エグゼクティブ・プログラム修了
資格:日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認投資アナリスト

所属学会

日本ファイナンス学会、日本金融証券・計量・工学会、米国ファイナンス学会、行動経済学会

研究業績

【主な著書】

  1. The Recent Trend of Hedge Fund Strategies, Yasuaki Watanabe, et al. Nova Science Publishers, Inc., 2010
  2. Economics of Emerging Markets, Yasuaki Watanabe, et al. Nova Science Publishers, Nova Science Publishers, Inc., 2008
  3. エマージング株式市場のファンダメンタル分析、渡辺 泰明、プリンテック、2003

【直近の代表的な論文(過去5年間)】

  1. The Affect of Audit Risk on Credit Risk, Yasuaki Watanabe, Journal of Current Issues in Finance, Business and Economics, Vol.3, No.1, pp.3-9 ,2010
  2. Is Sharpe Ratio still effective?, Yasuaki Watanabe, The journal of Performance Measurement, Vol.11, No.1, pp.55-66, 2006

連絡先

電話 0887−57−2776(内線3688)
電子メール 
居室 B465

リンク

私の考えるマネジメントとは?

マネジメントとは顧客の満足度を最高にすることである。
例として企業には株主、債権者等のステークホールダー(利害関係者)が関与しています。そして、多くの企業は厳しい競争に勝ち抜くためにIT(情報技術)投資を積極的に行ったり、M&A(Mergers and Acquisitionsの略;企業の合併・買収)により企業の価値を高めたり企業の存続を図ろうとしています。ところが、これらの企業行動が実は企業のステークホールダーの満足度を最高にして顧客の満足度を無視しているケースが散見されます。 要するに、企業はいくら良い商品、サービスを顧客に提供しても顧客の視座に立ってマネジメントを考えることが出来なければ、いずれその企業は顧客から見放されると思います。それゆえ、企業のマネジメントは常に顧客の満足度を最大限にすることが要求されそれを実践できるかどうかがこれからの時代に生き残れるかどうかの鍵となります。