マネジメントとは?

研究紹介
担当講義
経歴
所属学会
研究業績
連絡先
リンク
私の考えるマネジメントとは?

研究紹介

起業工学という新しい学問分野の研究を行っています。一般の工学という学問、例えば電子工学ならば、「回路理論」、「電子回路」、「画像情報処理」等の科目があって、これらを学ぶことによって、「技術」を「製品」にする知識を身につけることになると思います。同じように、起業工学という学問では、「起業論」、「マーケティング」、「イノベーション」といった科目を学ぶことによって、「技術」や「製品」を「事業」にする知識と知恵を身につけることができます。要するに、事業を起こすにはどのような課題があるのかを見つけ、あるいは課題を創り出すと同時にその課題を達成する方法論を探求するのが、起業工学です。このために、「起業」や「事業化」までにあるいろいろな経営課題や、個々の要素のモデル化、教育プログラムの開発を含めた幅広い研究を行っています。

担当講義

【学部】

イノベーション論、起業マーケティング、技術経営論、知的資産マネジメント

【大学院】

イノベーション論、技術経営論、起業工学論、情報産業論、研究方法論入門

経歴

1969年3月 京都大学工学部電子工学か卒業
1971年3月 京都大学大学院工学研究科修士課程電気工学第二専攻修了
1980年9月 工学博士(大阪大学)
1971年4月 三菱電機(株)北伊丹製作所半導体研究部入社
1980年8月 カルフォルニア大学バークレー校客員研究員(1年間)
1990年7月 三菱電機(株)LSI研究所設計技術第三部長
1992年7月 三菱電機(株)北伊丹製作所マイコン第二部長
1997年11月 VSIS Inc.社長
1999年8月 Mitsubishi Electric and Electronics USA, Inc. Electronics Device Group副社長、(兼)Design Engineering Center, East所長
2003年4月 高知工科大学大学院起業家コース教授
2005年4月 高知工科大学大学院起業家コース長
2008年4月 高知工科大学マネジメント学部長
2011年4月 高知工科大学教育本部長

所属学会

IEEE Engineering Management Council, 組織学会、日本経営学会、日本情報経営学会、国際ビジネス研究学会、IEEE Solid-State Circuit Society, 電子情報通信学会、映像情報メディア学会、地域活性学会

研究業績

【論文、国際会議(査読付)】

  1. “Study of Technology oriented new business creation -A case study of two layer chip-on-substrate business development”, Portland International Center for Management of Engineering and Technology Conference, July 31, 2011. (共著)
  2. 「競争優位の確立に向けた知的財産権戦略−新しい知的財産権評価の枠組みの提案」、映像情報メディア学会誌、vol.65, No4. pp.540-549,2011 (共著)
  3. “Management issues of visiting nursing station business”, Society for Social Management Systems, Internet Journal, 2010. (共著)
  4. “Strategic management of intellectual properties for competitive advantage - Proposal of a framework for IPR evaluation”, IEEE International Engineering Management Conference, June 2009.  (共著)
  5. “Sustainable management for small R&D-oriented manufacturing firms”, IEEE International Engineering Management Conference, June 2008.  (共著)
  6. “Re-energizing a regional small manufacturing company through metamorphosis into autonomous business from a subcontractor - A case study of a technology oriented enterprise”, Society for Social Management Systems, March, 2008.  (共著)
  7. “Issues of Fostering Innovational Engineers in a Technology Oriented Enterprise”, IEEE International Engineering Management Conference, June 2006.  (共著)“Entrepreneur Engineering - a new concept of engineering education”, IEEE International Engineering Management Conference, September, 2005.  (共著)
  8. “Signal Integrity Design and Analysis for a 400 MHz RISC Microcontroller”, 電子情報通信学会英文論文誌, vol.E86-C No.4, 635-642,2003. (共著)
  9. “A Low Stanby Current DSP Core Using Improved ABC-MT-CMOS with Charge Pump Circuit”, 信学会英文論文誌, vol.E86-C No.4, 507-603,2003. (共著)
  10. “A 600MHz Single-Chip Multiprocessor with 4.8 GB/s Internal Shared Pipelined Bus and 512kB Internal Memory” IEEE ISSCC, Feb. 2003. (共著)

【学会発表、研究会、紀要等】

  1. 「医療(理学療法)に求められるマネジメント」、高知県理学療法 No.17、2010.
  2. 「中小製造業の進化のための戦略モデル-山本貴金属第二創業の事例」、映像メディア学会アントレプレナー研究会  Vol.34, No23, 2010. (共著)
  3. 「競争優位の確立に向けた知的財産権戦略- 新しい知的財産権評価の枠組みの提案-」, 映像メディア学会アントレプレナー研究会 Vol.33 No.48 pp.1-6, 2009. (共著)
  4. 「環境技術開発を基盤とした持続可能な環境経営システムの構築に向けて第2報」, 高知工科大学紀要第6巻第1号, 2009年. (共著)
  5. 「技術シーズから事業にいたる動的プロセスのモデル化と起業工学の体系化に関する研究(2)」, 高知工科大学紀要第6巻第1号, 2009年. (共著)
  6. 「「起業」分析における質的研究の重要性」, 神戸大学経済研究所ディスカッション・ペーパーNo.J107, 2009年. (共著)
  7. 「訪問看護ステーションの経営課題−中小規模ステーションを中心に−」、映像メディア学会アントレプレナー研究会, 3月,2009年. (共著)
  8. 「歯科技工業の創業とその経営課題」, 映像メディア学会アントレプレナー研究会, 3月,2009年. (共著)
  9. 「技術指向中小製造業の持続可能経営について」, 映像メディア学会アントレプレナー研究会 11月,2008年. (共著)
  10. 「「起業」分析における質的研究の重要性」, 高知工科大学紀要第6巻第1号,2008年. (共著)
  11. 「技術シーズから事業にいたる動的プロセスのモデル化と起業工学の体系化に関する研究」,高知工科大学紀要第5巻第1号,2008年. (共著)
  12. 「下請中小製造業の自立型ビジネスモデルへの転換について−グリーンレーザーポインター事業創造の事例−」, 映像メディア学会アントレプレナー研究会,11月,2007年.  (共著)
  13. 「暗黙知経営と地域活性化 -地域貢献への大学の新たな役割」, 高知工科大学紀要第4巻第1号, 2007年. (共著)
  14. 「マルチメディア・アントレプレナー・エンジニアリング」, 映像情報メディア学会誌 Vol.60, No8, 2006年. (共著)
  15. 「理念に基づく経営の分析と定性化に関する研究報告」, 映像メディア学会アントレプレナー研究会,6月2006年. (共著)
  16. 「工学教育と起業工学−起業工学体系化への試み」, 映像メディア学会アントレプレナー研究会, 3月, 2005年. (共著)
  17. 「起業工学:技術者教育の新しい概念」,電子情報通信学会集積回路研究会,12月,2005年. (共著).

連絡先

電話 0887-57-2406
電子メール 
教員室 B457
研究室 B206

リンク

私の考えるマネジメントとは?

「マネジメントとは組織という船の船長の仕事である。目的を定め、進むべき目標を設定し、乗組員一体となってその目標を達成するための活動である。」
もともとマネジメントという概念は経済的な活動を行なう企業というものを対象として生まれてきました。ただ現在では企業以外の組織も含めてあらゆる組織でマネジメントが必要と考えられています。ある組織で何か事業を行なうことを想定しましょう。組織は通常資源と言われる「ヒト」、「モノ」、「カネ」そして「情報」という4つのものを持っています。また組織は、普通の会社であろうとNPOであろうと全てそれぞれ特定の目的を持っています。マネジメントとは組織の目的に則した目標を設定し、組織の持つ4つの資源を組み合わせ、そしてこれらを整合させて目標を効率的、かつ効果的に達成するための活動を指します。具体的なマネジメントの活動は計画の策定と意思決定、計画を実行するための組織編成、そして組織のメンバーに動機付けを行なうリーダシップの発揮、そして計画からのずれが無いかをチェックする管理の4つの活動からなります。