HOME > マネジメントを学ぶとは?(応用編) > マネジメントとは何か。

マネジメントを学ぶとは?(応用編)マネジメントとは何か。

97人に聞きました。

  • 会社やなんかでお金を扱うこと。(男子高校生)
  • 人を動かす。気配り。目配り。(会社員・男性・40代)
  • 調整・管理・世話役・サブリーダーのイメージ(会社員・女性・ 20代)
  • クラブ活動のマネージャーの変化系?(学生・女性・10代)
  • 会社経営者、管理職のように人を動かす人物をイメージします。(公務員・女性・20代)
  • 今ここにあるもの(人、モノ、お金、資源、時間)を使って、ある目標を達成したり、最大限の効果を発揮するための方法。(大学職員・男性・40代)
  • リスクマネジメントを最初に思い浮かべました。マネジメントという言葉は非常に漠然としていて、「これがマネジメントだ!」と言い切ることができません。(会社員・男性・20代)
  • 社会人になって、「自分をマネジメントすること」の大切さを痛感しています。(会社員・男性・20代)
  • 部下のコントロール。(会社員・男性・40代)
  • みんなでワイワイ、楽しく仕事できる雰囲気を作ること。(自営業・女性・40代)
  • カリスマ性。これがあれば、人は勝手についてくる。(会社員・女性・20代)
  • 人事。(公務員・男性・40代)
  • 経営に関係するお金、人、モノなどの流れを学ぶイメージです。(学生・女性・20代)
  • 経営。(医師・男性・40代)
  • 管理。(会社員・男性・50代)
  • 新たな商品開発の総合プロデューサー(会社員・女性・30代)

ではマネジメントは本当に必要なのか?

100人いれば、100通りの意見が出てくる「マネジメント」。
どうやら、「管理。処理。経営(広辞苑より)」という
そっけない定義では、とてもその全貌は見えてこないようだ。
少し視点を変えてみよう。
これほどイメージの広がりを持つマネジメントは、
果たして実際に役立っているのだろうか。
社会はマネジメントを必要としているのだろうか?

マネジメントは必要か?


PAGE TOP